包茎と早漏の関係性とは!?手術で包茎と早漏を治そう!

- 包茎と性持久力は何も因果関係ない

包茎と性持久力は何も因果関係ない


「包茎=早漏」という印象が既にあります。しかし、包茎というのは本当に早漏になるのでしょうか。
実際はそうではないのです。早漏というのは、医学的見地からは、結論付けされていない所もありますが、包茎なので早漏とは言えないのです。

【包茎が早漏という訳】

亀頭が皮に隠れている、普通、下着等と擦れ合う事もない。ゆえに、外部による刺激に対しても弱いので、すぐに絶頂になってしまう。これが「包茎=早漏」となっているのです。
これは、性器が感じやすいのか、そうでないのかという事は「イク」時間が、早いか、遅いかにも関係してきますので、説得力も出てくるのです。

【包茎をよくしたら早漏も治る?】

包茎治療に対する広告等は、「包茎手術をすれば早漏もよくなる」などの宣伝が出ています。
亀頭が出てくると、少しずつ刺激にも慣れてきて、持続力が出てくるというものです。
けれども医学会においては、包茎と性持久力は何も因果関係ないという事なのです。包茎治療をすれば、すぐに早漏がよくなるとは言えないのです。

【感覚が悪くなる=早漏改革?】

亀頭部を覆う皮(包皮)の内部には、「マイスナー小体」と呼ばれる感覚神経がある事が分かっています。それは性感に及ぶ神経と見做されています。
手術によっては、包皮の内側を切ってしまうのです。この事で「感覚が悪くなった」と言う方もいるのです。セックスの時の快感が得にくくなったいうことは、
絶頂を感じにくくなったいう事なのです。
これ全体的に見てみると、「早漏がよくなった」と言う事ができるのかもしれません。けれども、実際に「改善」と言えるのでしょうか。
快楽が減少した結果動きもだんだんと激しくなって、その結果、女性の性器に損傷を負わせたという事もあるのです。

【早漏には精神的な要素も出てくる】

近頃では、早漏には精神的な要因も影響していると言われています。外部からの刺激等はそんなに関係ないのかもしれません。
「でしたら包茎治療はしないほうが…」と感じる方もいるかもしれません。しかしそうではないのです。
包茎をよくしたいと思っている方は、包茎の悩みを抱えている方も多いのです。
それは自分に自信を持つ事ができず、そのために早漏になる事もあるのです。
そういう方は、包茎をよくする事で、自信も付いてきて、早漏をよくできる事もありうるのです。

ちゃんと洗浄すれば衛生的になる


包茎というのは、「不潔」「臭う」「汚い」などの印象があります。しかし実際はどうなのでしょうか?
包茎でも、ちゃんと洗浄すれば、衛生的になるのです。毎日の洗浄が大切なのです。

【何故不潔なのでしょうか】

包茎というのは、亀頭を皮が覆っている状態のことを言います。皮の内部は、普通は出てこないので、そこに垢が溜まってくるのです。これを恥垢(ちこう)と言います。
恥垢というのは、老廃物が溜まっているものなのです。
これを長くそのままにしていれば、発酵した感じの臭いが出てきます。よくチーズみたいな臭いと聞きます。
これは尿道の近所という事もあって、雑菌等も含有しています。
そして炎症の元になる事もあるのです。エイズ等のウィルスの原因にもなってきます。
「包茎の人は恥垢がたまりやすい⇒不衛生」という構図なのです。
包茎自体はが汚くはないのですが、恥垢が悪いのです。

【清潔にするために】

ですので、包茎の方は、毎日の洗浄が大切なのです。
恥垢を毎日落としていれば、清潔になっていくのです。
亀頭と皮の間に癒着が発生するのです。仮性包茎の方は容易に洗浄できるのです。
これは、入浴の時に皮を剥いた状態で、水や石鹸等で洗浄をするのです。
その時の摩擦が嫌だ…という方は、是非とも、毎日の入浴の時間を使用して、外部によるの刺激に対して慣れるようにしておいて下さい。
これにより、早漏をよくする事もできるのです。
例えば、ズル剥け状態の方でも、垢は溜まってきます。
そしてそのままにしておけば、やはり臭いも出てきます。
毎日洗浄した包茎よりも、洗浄をしない非包茎の方が実は臭うのです。

【洗浄できない方】

例えば、洗浄ができない方、これは真性包茎の方なのです。
仮性包茎の方においても、皮の線端部(包皮口)が狭くなっていれば、奥までの洗浄はできなくなります。
これを無理に剥けば、皮が戻る事ができなくなり、カントン包茎になる事もあるのです。
この場合は、できれば毎日洗浄するのがいいのです。
けれども、やはり限界は出てきます。奥までの洗浄ができない時に、不衛生になってくるのです。
こういう方は、包茎治療が必要になってきます。
真性包茎等で炎症がちょくちょく発生する・セックスの時にに痛みが出てくるような場合は、保険の適用が可能になってます。
この場合およそ1〜3万円程で手術ができますので、とりあえずクリニックに相談にしてみるのもいいかと思います。

新着情報

◆2014/07/04
評判等の情報も得やすいという利点がありますの情報を更新しました。
◆2014/07/04
3割負担で済むので安上がりになりますの情報を更新しました。
◆2014/07/04
診断もしやすくなってくるのですの情報を更新しました。
◆2014/07/04
痛みや腫れまな膿等のな症状が出てきますの情報を更新しました。
◆2014/07/04
薬物療法または放射線照射等がありますの情報を更新しました。